横浜市のマンションが売れない理由は?築14年の中古を売るコツ

横浜市にあるマンションを売り出し中なのですが、売れません。

築年数が14年とけっこう古いことと、最寄りの駅からはバスで15分くらい離れていることなど、マイナス点はあるものの、売れない理由が具体的に分かりません。

地元の不動産屋を通して売りに出してから見学者が2組いましたが、どちらも反応なしです。

こういった中古マンションを上手に売るコツはないでしょうか?

推測ですがその不動産屋と専任媒介で販売契約を結ばれているようですね。

見学者がいらっしゃるということは、その物件の立地条件や見積り価格に魅力があることは間違いないはずです。

内覧されてから、反応がないということはやはり築年数が経ち部屋の汚れが目立ってあまり良い印象を持たれなかったからかもしれません。

マンションの部屋の中で最も汚れが目立つのは「水回り」だと言われています。そういった部分だけ専門の業者にハウスクリーニングを頼むのもコツのひとつです。

また、現在の不動産屋との契約が切れる時が来たら、一度リセットして新しく不動産会社を選びなおすのもひとつの手です。

最近ではインターネット上から一度の申し込みで複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスがあります。

なかでもイエイというサービスが大手で安心して利用できますよ。

8855.min
iei
500sya
kuchikomi.min
kuchikomi02.min
man_me
man_banner.min
サブコンテンツ
                

このページの先頭へ