京都市のマンションを売却※築35年リフォームせず売る方法とは

京都市中央区にある築35年経っているマンションの売却を希望しています。

築年数で分かる通り、かなり老朽化しており、このままの状態で広告に載せてもらっても買いたいという人は現れるのか甚だ疑問です。

外観は去年、大規模な修繕工事を半年かかりで行ったので、清潔感はあります(外観デザインの古さは隠しきれませんが)

問題は部屋の中なんですが、これまで一度もリフォームせずに住み続けてきたので、床・壁・天井とかなり傷んだ状態をさらしています。

お金の余裕がないので、このままリフォームせずに売る方法はないでしょうか?

(京都府・無職)

築35年というとあと10年に満たないうちに建替え時期を迎える可能性はありますが、内部の綺麗さに関係なく値段次第で十分買い手は見つかるかと思います。

大規模修繕工事を行ったこともプラス材料ですし、安く買って自分でほどほどにリフォーム工事をして住むというニーズはあるはずですので、大金をかけたリフォームを売り手がする必要はありませんよ。

それよりも自分で出来る範囲の清掃(特に水回りを中心に)をやるか、専門の業者に頼んでハウスクリーニングをするといいでしょう。

そうすることで見学にこられる購入希望者への印象がぐっと良くなるはずです。

マンションを売却する際に重要な販売価格ですが、適正な価格を知るには複数の不動産会社に査定してもらうことが必要です。

※下記の不動産一括査定サービスを利用すると、複数社から査定が取れます。

8855.min
iei
500sya
kuchikomi.min
kuchikomi02.min
man_me
man_banner.min
サブコンテンツ
                

このページの先頭へ