マンションの査定価格が低すぎる※希望額と差があるときの対処法

まだ住んでから5年しか経っていないマンションをある不動産業者に査定してもらったんですが、私が想像していた金額とはかなり開きがあり、正直言ってあまりに低すぎる額のため売る気がうせてきました・・・・

その不動産業者が言うにはそれくらいが適正な金額だそうです。

しかし、同じマンションの違う階の部屋が昨年売りに出されたときはもっと高い金額で、私の希望額はそれとほぼ同じくらいなんです(その部屋はすぐに買い手が付きました)

売り手の希望額と不動産業者の査定額に差があった場合、どうしたら良いのでしょうか?

不動産の価格というのは査定する不動産会社によって多少の差が生まれるものですが、場合によっては上下で500万円の差が生じることもあります。

売り手は当然ながら出来るだけ高く売りたいはずですし、逆に買い手は出来るだけ安く買いたいはずです。

そのちょうど売り手と買い手の要望する額が合致したラインが適正価格となりますが、そういった適正金額を査定額として提示してくれる不動産会社に販売を任せることが大切ですね。

そのために必要なことは一社の査定にこだわらず、複数の会社に査定してもらうことです。

こちらのイエイという不動産一括査定サービスなら、たった一回の申し込みで最大で6社から査定してもらえますので、ぜひ利用してみて下さい。

8855.min
iei
500sya
kuchikomi.min
kuchikomi02.min
man_me
man_banner.min
サブコンテンツ
                

このページの先頭へ